ゆぴきたすなひとりごと

いつでもどこでも、どうでもいい情報を得られることをモットーとしたブログ

ネットワーク環境が悪いので、構成を変更した

前回の記事の続きです。

RT-AC86UとRT-AC68Uが手元に揃ったので、いよいよネットワーク構築をします。

yupikita.hateblo.jp

 

子機(RT-AC68U)の準備

まずは子機側の設定から行います。

ひとまず、[モデム] - [子機] - [PC]で接続します。

「192.168.1.1」にアクセスし、ファームウェアのアップデートを行います。

ファームウェアは[管理]から、[ファームウェア更新]を選択することで可能です。

f:id:shikanikusausage:20180805003151p:plain

アップデートが完了したら、子機をAiMeshノードとして設定します。

同じく[管理]から、[動作モード]を選択し、[AiMeshノード]にチェックをし、[保存]を押します。

 

AiMeshノードの設定が完了したら、一度電源を落とし、設置場所に移動させ、電源を起動させておきます。

親機(RT-AC86U)の設定

[モデム] - [親機] - [PC]で接続します。

「192.168.1.1」にアクセスし、ファームウェアのアップデートを行います。

手順は子機と変わりません。

次に、[ネットワークマップ]から[AiMeshノード]を選択し、AiMeshノードを検索します。

一覧に出てくれば、選択することでAiMeshとして自動で設定を行ってくれます。

f:id:shikanikusausage:20180805004103p:plain

超簡単に設定完了

本当にこれでOKなのかが不安だったので、iPhoneを片手に家の中をぐるぐるしてみました。

まずは、親機ルーターに近い場所です。RT-AC86Uの配下に接続されている事が分かります。

f:id:shikanikusausage:20180805004558p:plain

1階へ移動してみると

f:id:shikanikusausage:20180805004647p:plain

子機の配下になっています。

SSIDの切り替えはもちろんありませんし、「切り替わったな」という感覚もありませんでした。大成功です。

 

所感

結構簡単に、Meshネットワークを構築できた。

中継器を使うと、どうしてもSSIDの切り替えが必要だが、Meshを使えばSSIDが同じで、切り替えの必要も無く、便利。

でも、一部の機器で一瞬途切れることがある。という報告を受けた。

初回の切り替え時だったり、何かの原因で一時的に断線してしまうこともあるのかもしれない。

次は、外付けRAIDハードディスクを買って、RT-AC86Uの機能を使ってNAS化してみたい。